医薬品通販なら海外通販

医薬品通販する場合、日本国内では薬事法というものがあり処方箋薬などはできないことになっています。
日本で処方箋薬などを購入したい場合は、必ず医師の診断が必要で処方箋なしでは購入することが出来ません。
しかし、実は海外通販であれば日本では処方箋薬にあたるものも医薬品通販することが出来るのです。
医薬品を海外通販するに当たり、個人輸入という形をとるのですが、難しく考える必要はありません。
今では多くの代行サイトなどが存在しており、その中で選択して簡単に購入することが出来るのです。
しかしながら、中には悪徳なサイトなども実際に存在しており、偽物を販売しているところもあるので注意が必要です。
優良サイトなどの簡単な見極め方法としては、製品名で検索した時にトップのほうにある、サイト内に正規品だと掲示してある、極端に安くない、リピーターがいる、電話対応が出来るなどになります。
特に値段が極端に安い場合や、電話連絡が出来ないサイトは偽物である可能性があるので避けたほうがよいかもしれません。
値段の話ですが、医薬品の海外通販の場合ジェネリック製品を扱っていることが多いです。
実はインドはジェネリック薬品が沢山流通しており、日本ではジェネリック販売していないものでも、インドでは販売されていることがあるのです。
先発薬に対して後発薬は開発コストが比較的安く済むため、安価に販売することが出来るので、後発薬だった場合値段が安いのは当然なのです。
海外の医薬品を購入するのは不安だと思いの方が多いとは思いますが、日本で販売されているものと全く同じ有効成分であれば不安がる必要はないでしょう。
もちろん医薬品通販は医師の判断の元ではないので、すべて自己責任になるのできちんと理解したうえで購入するべきです。
海外から医薬品を購入する場合のメリットは、誰にも知られず、安価に購入でき、家に居ながら手に入ることです。
他人に知られたくない悩みや、病院へ行くことが出来ない人、お金の問題など海外から購入する人は様々な理由があるのです。
医薬品を個人輸入する場合ですが、必ず自分自身が使うことが求められます。
他人や、販売目的で購入する事はできませんので、気を付けましょう。